第46回 日本ハンドボールリーグ(第4戦)

【日程・時間】2021年10月17日(日) 13:00
【開催地】県民公園太閤山ランド ふるさとパレス(富山県)
【対戦相手】HC名古屋

アランマーレ

10−10
11−15

HC名古屋

× 21

○ 25

戦評
HC名古屋のスローオフで始まった前半は通算700得点を狙う10番横嶋彩選手のカットインで先制。その後もロングシュート、ペナルティースローを決め通算700得点を達成。その後も横嶋選手を中心にアランマーレは得点を重ねる。対する名古屋は21番福地選手を中心に速攻などをおりまぜた攻撃で両者譲らず10-10で前半を終える。
 アランマーレのスローオフで始まった後半は名古屋が速攻で得点を重ねペースを握る。アランマーレも退場者が出ている間に追いつくなど一進一退の攻防続くも、名古屋6番杜氏選手を中心とした速攻で終盤に点差を一挙に突き放し25-21で名古屋が好ゲームを制した。
(日本ハンドボールリーグ公式WEBサイトより引用)

 

第46回 日本ハンドボールリーグ(第3戦)

【日程・時間】2021年9月20日(月) 14:00
【開催地】OKBぎふ清流アリーナ(岐阜県)
【対戦相手】飛騨高山ブラックブルズ岐阜

アランマーレ

11−9
18−12

飛騨高山ブラックブルズ岐阜

○ 29

× 21

戦評
 アランマーレのスローオフから試合開始。高山は17番小川のミドルなどで連続3得点と序盤を3-2とリード、しかしアランマーレはリズムを掴み3番行本のミドル、9番横島遥の速攻などで連続8得点と中盤を5-11とリード、しかし高山は終盤アランマーレに得点を許さない守備から6番中島の2得点などで追い上げ9-11とアランマーレリードで折り返す。
 開始アランマーレは19番檜木のサイドなどで4連続得点と序盤を12-20とリード、中盤以降は一進一退の攻防が続く中、アランマーレは4番飯塚のカットインなどの得点、高山は19番丸岡のサイドで得点を加えるが、アランマーレは高山の追い上げを許さない守備から21-29で勝利する。
(日本ハンドボールリーグ公式WEBサイトより引用)

 

第46回 日本ハンドボールリーグ(第2戦)

【日程・時間】2021年9月12日(日) 14:00
【開催地】アルビス小杉総合体育センター(富山県)
【対戦相手】三重バイオレットアイリス

アランマーレ

11−15
14−15

三重バイオレットアイリス

× 25

○ 30

戦評
 ホーム2連勝を掛けてアランマーレがホームに三重を迎えた一戦。三重のスローオフで始まった 試合は25番林選手のロングシュートで先制。その後アランマーレは林選手を中心とした三重のオフェンスに度々退場者を出すなど苦しめられる。アランマーレは18番兼子選手とバックプレイヤーのコンビネーションで得点を重ねるも、11-15三重のリードで前半を終える。
 アランマーレのスローオフで始まった後半は開始早々に速攻などのアランマーレらしい攻撃で連続得点で点差を縮めるも、その後は三重12番岩見選手の好セーブに阻まれ得点を奪えない。三重は前半同様多彩な攻撃で得点を重ね25-30で三重が勝利した。
(日本ハンドボールリーグ公式WEBサイトより引用)

 

第46回 日本ハンドボールリーグ(開幕戦)

【日程・時間】2021年8月28日(土) 14:00
【開催地】アルビス小杉総合体育センター(富山県)
【対戦相手】オムロン

アランマーレ

11−6
9−12

オムロン

○ 20

× 18

戦評
 開幕戦をホームで迎えたアランマーレのスローオフで試合開始。オムロンは7番岩渕の7メートルスローで先制するもアランマーレの堅いディフェンスを攻略できず得点を奪えない。対するアランマーレは1番鈴木を中心としたディフェンスから速攻や7メートルスローで得点を重ね11-6で前半を終える。
 オムロンのスローオフで後半開始。2番勝蓮の速攻を中心に追い上げを見せるも、アランマーレ17番大松澤のロングシュートや新加入10番横嶋彩の要所を締めるプレーでオムロンを突き放し20-18で開幕戦を勝利で飾った。
(日本ハンドボールリーグ公式WEBサイトより引用)

 

第42回北信越国民体育大会(第一戦)

【日程・時間】2021年8月21日(土) 15:40
【開催地】東御中央公園第一体育館(長野県東御市)
【対戦相手】石川県

アランマーレ

8−16
9−13

石川県

×17

○29