RESULT DETAIL

2019年度日本社会人バスケットボール連盟地域リーグ 女子東北地域リーグ(最終戦)

 

【日時】2019/10/19(土) 13:00~
【会場】横手市増田体育館(〒019-0701 秋田県横手市増田町増田若松44−4)

アランマーレ

-
-
-
-

秋田銀行

主なスタッツ

戦評
選手コメント

2019年度日本社会人バスケットボール連盟地域リーグ 女子東北地域リーグ(第2・3戦)

 

第3戦

【日時】2019/9/8(日) 11:00~
【会場】秋田銀行体育館(〒010-0913 秋田県秋田市保戸野鉄砲町5−24)

アランマーレ

20-15
12-23
10-17
12-14

山形銀行

54

69

選手コメント
2日間ご声援ありがとうございました!
負けてしまいましたが、次に繋がる負けだと思います。たくさんの方々に応援していただけるよう、私たちはこれからもっとパワーアップしていきます。
引き続き応援よろしくお願いします。
#0 村木 愛

 

第2戦

【日時】2019/9/7(土) 14:00~
【会場】秋田銀行体育館(〒010-0913 秋田県秋田市保戸野鉄砲町5−24)

アランマーレ

18-22
15-12
10-24
13-15

秋田銀行

56

73

 

2019年度日本社会人バスケットボール連盟地域リーグ 女子東北地域リーグ(初戦)

 

【日時】2019/7/6(土) 14:00~
【会場】山形銀行体育館(〒994-0057 山形県天童市石鳥居1丁目1−144)

アランマーレ

12-23
10-23
14-22
17-19

山形銀行

58

87

主なスタッツ

〈PTS〉#1久岡:19pts / #32大里:15pts / #3古屋:9pts / #0村木:6pts
〈AST〉#13中島:4red / #6藤森:3ast
〈RBD〉#1久岡:9rbd(OR:3/DR:6) / #6藤森:5rbd(DR:5)
※PTS=ポイント(得点)
 RBD=リバウンド
 AST=アシスト
 STL=スティール
戦評
東北地域リーグ初戦。1Q出だしから山形銀行の激しいディフェンスに苦戦しなかなか突破口が見出せず、アランマーレは苦しい時間帯が続く。その間に山形銀行はインサイド・アウトサイド共に効率よく得点を伸ばしいていく。リバウンドも山形銀行勢いに押され2ndチャンスを与えてしまう。2Qに入り立て直しを図ろうとするが、山形銀行はもう一段階ギアを上げオールコートプレスを展開。オールコートでのプレッシャーディフェンスに堪えきれず、痛恨の連続ターンオーバー(ミス)をしてしまい流れが作れない。後半も山形銀行のプレッシャーは衰えを見せず、徹底的にディフェンスを仕掛け、思うように自分達のバスケができない。4Qに入り落ち着きを取り戻し得点を重ねることに成功するが、時遅く53対87と完敗した。
選手コメント
地域リーグの第1戦目ということで、前回の反省点を踏まえチーム全員で課題を持ち試合に臨みましたが試合開始から山形銀行のペースにのまれてしまい、最後まで自分達のペースへ持ち込む事が出来ませんでした。山形銀行の強い当たりのディフェンスに対して、私たちの練習してきたオフェンスが思うように出来ず、53対87の大差で終わってしまいました。
次の地域リーグは9月になります。2ヶ月後の試合に向け、チーム一丸となり練習に取り組んでいきたいと思います。遠方にも関わらずたくさんのご声援ありがとうございました。
#13 中島 萌奈美
相楽ヘッドコーチコメント
地域リーグ初戦、チームは厳しい状況であり最善を尽くそうとゲームに臨みましたが、東北強豪チームを簡単には攻めることも守ることもできなかった。人数が少ない分いつも以上に試合中相手にアジャストすることが難しく、40分間戦い抜くことで一杯一杯になってしまいました。
遠方にも関わらず、たくさんの皆さまが会場まで足を運んでいただいたこと大変感謝申し上げます。選手達はどんな状況下でも前を向き戦ってくれましたが、準備不足だったと反省しております。いま一度チームでミーティングを重ね地域リーグ2戦目に向けて取り組んで行きたいと思います。次回は怪我人も万全の体制で戦いに望めるようにしっかりとした準備をしていきたいと考えております。応援ありがとうございました。

第70回秋田県民体育大会バスケットボール競技
兼第74回「いきいき茨城ゆめ国体」秋田県代表スタッフ・選手選考会

 

【大会期間】2019/6/28(金)~30(日)
【アランマーレ出場日程】2019/6/28~
【会場】美郷町総合体育館「リリオス」(〒019-1234 秋田県仙北郡美郷町飯詰糠渕18-1)
美郷町南体育館(〒019-1234 秋田県仙北郡美郷町飯詰北中島41)

 

決勝

アランマーレ

15-31
14-13
13-17
17-20

秋田銀行

59

81

主なスタッツ

〈PTS〉#3古屋:18pts / #1久岡:13pts / #13中島:12pts / #32大里:11pts
〈AST〉#6藤森:5red / #1久岡:3ast
〈RBD〉#1久岡:9rbd / #3古屋:7rbd / #6藤森:6rbd
※PTS=ポイント(得点)
 RBD=リバウンド
 AST=アシスト
 STL=スティール
戦評
第1Qからインサイドのミスマッチを攻め込まれ大量リードを許す展開となり16点のビハインドを背負う。第2Qから落ち着きを取り戻し#1久岡・#3古屋の3Pシュートで応戦を試みつつディフェンスで息を吹き返す。しかし、#3古屋の痛恨のファウルトラブルにより交代を余儀なくされてしまう。交代出場の#0村木が身体を張り苦しい時間帯を耐えしのぎ、前半を29対44で折り返す。後半も秋田銀行はインサイドを徹底的に攻めて得点を重ねる。アランマーレも負けじと#32大里がゴールに何度何度もアタックを繰り返し秋田銀行のディフェンスをかき乱す。第4Q、#3古屋・#13中島が奮闘するもなかなか点差が縮まらず、59対81と敗戦。
選手コメント
今回の試合は怪我人が多く、7人で挑みました。体力的にも精神的にも厳しい時間帯もありましたが、戦い抜くことが出来ました。4月の大会からの反省を活かせた部分や、試合の前に決めたチームの決まり事が出来た部分もありました。
その反面まだまだ課題や反省もたくさんあり、それをチームの練習・ミーティングで改善していきます!次の試合の応援もよろしくお願いします!!!
#1 久岡 真歩子
相楽ヘッドコーチコメント
序盤からインサイド選手に大量得点を許す展開となり4月の対戦時同様1Qで大量失点をしてしまい、2Q以降選手達が徐々に秋田銀行にアジャストし戦ってくれました。幾度となくチャンスを作り果敢にゴールをアタックできたことは収穫でもあり今後に活かしていきたいです。
点差はなかなか縮まらなかったですが、今後の試合に向けチーム一丸となり今回の反省を活かし取り組んで行きたいと思います。また、今大会怪我人が多く出場できる選手が限られる厳しい状態でありましたが、選手達は自覚と責任を持ち40分間戦い続けてくれたと思います。彼女達が頑張れたのも会場にお越しいただいた皆さまの応援があってのものだと考えます。誠にありがとうございました。
チームはまだ成長途中ですが、前を向き進んで行きたいと思います。

 

初戦

アランマーレ

20-8
28-4
32-9
26-5

KOC☆eco

106

26

主なスタッツ

〈PTS〉#1久岡:35pts / #0村木:18pts / #24辻本:13pts / #3古屋:12pts / #6藤森:11pts
〈RBD〉#1久岡:9rbd / #13中島:8rbd / #3古屋:7rbd
〈AST〉#13中島:12ast / #6藤森:7ast / #32大里:3ast
※PTS=ポイント(得点)
 RBD=リバウンド
 AST=アシスト
 STL=スティール
戦評
試合序盤は少し硬さがあったものの徐々に自分達のペースで試合を展開。#6藤森の3Pシュートを初め2Pシュート確立よく収め試合を優位に進める。#1久岡も負けじと果敢にゴールにアタックを重ね34分のプレタイムで35点を叩き出す。怪我で戦線離脱していた#24辻本も約2年ぶりにコートに復帰しチームに貢献。
最後まで攻め続け、106対26と決勝に駒を進める。
相楽ヘッドコーチコメント
少ない選手層の中で選手達が各々の得意なプレーや持ち味を存分に発揮してくれたと思います。
初戦は自分達のペースを掴みリードは出来たが、決勝を見据えて気を引き締めてメリハリを持って戦わなければいけないと感じました。
今回長くチームを離れていた#24辻本がコートに戻ってきたことはチームとしても嬉しい事であり、今後もパフォーマンスを上げチームに貢献できるよう努力してもらいたいです。

第74回秋田県男女総合バスケットボール選手権大会
兼第95回天皇杯・第86回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会 秋田県代表決定戦

 

【大会期間】2019/4/12(金)~14(日)
【アランマーレ出場日程】2019/4/13~
【会場】秋田県立体育館(〒010-0974 秋田県秋田市八橋運動公園1-12)
県営トレーニングセンターアリーナ(〒010-1211 秋田県秋田市雄和椿川駒坂台4-1)

 

決勝

アランマーレ

15-37
17-14
9-16
13-16

秋田銀行

54

83

主なスタッツ

〈PTS〉#1久岡:11pts / #3古屋:9pts / #13中島:9pts / #23柿沼:9pts / #51澤田:9pts
〈RBD〉#23柿沼:6rbd
※PTS=ポイント(得点)
 RBD=リバウンド
 AST=アシスト
 STL=スティール
戦評
前半、アランマーレは#13中島が攻守で存在感を表すが、なかなか得点を詰めるキッカケが掴めず、秋田銀行に連続3Pシュートを決められ大量リードを許し前半を折り返す。
後半、アランマーレ#1 久岡・#13 中島・#51 澤田が中心となり反撃するも秋田銀行のディフェンスを攻略することができず、54-83と黒星の結果となった。
選手コメント
2日間、たくさんの応援ありがとうございました。
決勝で負けてしまいましたが、皆さんの声援が選手一人ひとりの力になりました!
今シーズン始まったばかりなので、チームとしてレベルアップ出来るように頑張ります。
#23 柿沼 かすみ
相楽ヘッドコーチコメント
2日間会場に足を運び応援いただきました皆さま、誠にありがとうございました。
新シーズンは始まったばかりです。今シーズンのスローガン『橙走進』をもっと体現できるよう日々精進してまいりますので、引き続き応援の程宜しくお願いいたします。

 

準決勝

アランマーレ

22-15
11-8
21-11
19-14

湯沢翔北高校

73

48

主なスタッツ

〈PTS〉#1久岡:13pts / #3古屋:12pts / #11河瀬:12pts
〈RBD〉#51澤田:6rbd / #11河瀬:6rbd / #3古屋:5rbd
〈STL〉#23柿沼]:3stl
※PTS=ポイント(得点)
 RBD=リバウンド
 AST=アシスト
 STL=スティール
戦評
昨年同様準決勝の相手は、東北高校新人大会で初優勝をした湯沢翔北高校。
第1クォーターからアランマーレ#1久岡を中心にゴールにアタックを仕掛け得点を重ねリズムを作る。しかし、湯沢翔北高校も日本代表U-18チームエントリーキャンプ参加選手メンバーの#5近藤萌選手、#8長谷川美加選手の両選手を中心に得点を取りに行く。そこで、アランマーレのインサイド#11河瀬が攻守共に身体を張ったプレーでチームを牽引した。
また、タイムシェアをし全選手が出場しながらも全クォーターにおいてリードすることができた試合であった。

 

第2戦

アランマーレ

26-6
12-6
23-12
21-19

横手城南高校

82

43

主なスタッツ

〈PTS〉#1久岡:15pts / #23柿沼:13pts / #2駒沢:11pts
〈RBD〉#11河瀬:8rbd / #3古屋:7rbd / #2駒沢:6rbd
〈AST〉#3古屋:3ast
※PTS=ポイント(得点)
 RBD=リバウンド
 AST=アシスト
 STL=スティール
選手コメント
本日はたくさんの応援ありがとうございました。
今シーズン初公式戦、そして個人的には1年ぶりの復帰戦となりました。明日はさらにチーム一丸となり頑張りますので応援よろしくお願いします。
#6 藤森 恵

 

初戦

アランマーレ

34-7
27-0
39-0
33-12

光風クラブ

133

19

主なスタッツ

〈PTS〉#0村木:21pts / #2駒沢:20pts / #4小澤:18pts
〈RBD〉#2駒沢:7rbd / #11河瀬:7rbd / #6藤森:6rbd
〈AST〉#2駒沢:7ast / #6藤森:6ast / #32大里:4ast
※PTS=ポイント(得点)
 RBD=リバウンド
 AST=アシスト
 STL=スティール